株式会社 吉匠建築工藝 施工進行紀

--------------------------------------------------------------------------------------------

〒193-0801
東京都八王子市川口町3555
TEL:042-654-6003
FAX:042-654-6054

-公式ホームページ- www.yoshisho.com

■お問い合わせ


高尾599美術館主催宮大工と巡る古建築ツアー




薬王院を見学する前に古建築の予備知識を得る講義をした。





建築模型を使った講義








不動院本堂から見学を始めた。





神変堂 役行者を祀っている





四天王門 三間一戸楼門





不動堂 三間堂寄棟造 江戸前期





飯縄権現堂 江戸中期

残念ながら雨の降る中での見学会になりましたが、20人程の参加者は熱心に耳を傾けていました。
photo by 吉匠 -
0

    高輪東禅寺

    国史跡東禅寺は、安政6年最初の英国公使館が置かれた場所です。
    そして慶應元年6月まで7年間英国公使館として使用されました。




    三門







    宝物殿
    この建物は、平成3年に吉匠が手がけた建物です。
    鉄骨造瓦葺2階建てで、玄関は旧建物を移築しました。

    都内では珍しい和様の三重の塔があります。
    photo by 吉匠 -
    0

      元木保育園神輿

      元木保育園神輿竣工







      1年掛かりで手掛けた神輿がようやく竣工し、七夕の今日保育園の園児達にお披露目となった。


      photo by 吉匠 -
      0

        旧協働会館保存整備工事

        旧協働会館は、昭和11年に芝浦花柳界の見番として建設された、都内に現存する唯一の木造見番建造物です。
        東京都が建物を買取り、戦後は協働会館として港湾労働者の宿泊施設に利用され、平成21年に港区へ建物が無償譲渡されました。
        港区は、指定有形文化財の協働会館を、伝統文化の継承や地域活動、交流等の拠点として活用する為に、建物を保存修理します。
        見番とは、「置屋、料亭、待合」からなる「三業」を取りまとめ、芸者の取次や、芸者の取次や遊興費の清算をする施設です。


        建築年:1936年(昭和11年)
        棟梁: 酒井久五郎
        建築面積:223? 延床面積:442? 階数: 二階建て 屋根仕上げ:日本瓦葺 外壁: 日本下見板貼、漆喰塗り


        平成30年の工事は解体工事、揚屋及び曳家工事等予定してます。大規模な工事になりそうです。





        建物正面 瓦葺入母屋造、玄関屋根唐破風付き銅板平葺





        揚屋の補強工事として仮筋違を取り付けた。





        中も多くの仮筋違を取り付けた。





        いよいよ揚家用腰レールの取り付けが始まった。





        新幹線の旧レール高さが155mm程ある。



        揚家をしたところ






        photo by 吉匠 -
        0

          萬福寺本堂整備改修工事



          平成29こ年夏より解体工事が始まり、増築部内々陣の上棟式が12月に挙行されました。
























          鉄梁による補強工事
































          現場と作業所にて、8名体制で加工及び取り付けが進み、補強工事及び屋根工事の対応が着々とすすんでいる。










          大屋根も8割近くでき、もう少しで屋根工事から手が離れそうだ。








          下陣の天井画





          屋根工事完了

          工事も大詰めとなり、11月末の竣工に向け取り組んでいます。


          脇間天井画


          内々陣折り上げ小組格天井






          外陣欄間彫刻


          建具の板絵





          外陣




          本堂竣工間近
          photo by 吉匠 -
          0

            第27回現代仏教美術展(平成30年4月)

            第27回現代仏教美術展が4月7日より10日まで京都みやこめっせで開催されました。 今回は「幻想の宝塔」という作品であります。(高さ1100幅550 檜生地仕上げ)








            毘沙門天 由谷倶忘作


            photo by 吉匠 -
            0

              日伝建平成29年度前期研修会

              平成30年1月7・8日に、八王子大学セミナーハウスに於いて日本伝統建築技術保存会主催の前期研修会が開催されました。




              前川先生による講義





              益田先生による講義




              講義のあと学科と規矩の認定試験を実施しました。
              翌日横浜の三溪園で前期研修会最後の研修を実施し、建物の説明を益田先生より受けました。




















              研修会が終了し、燈明寺本堂内で研修終了証の授与式が行われた。
              また、認定試験合格者には、前期伝統建築大工の認定証が発行される。
              photo by 吉匠 -
              0

                s邸新築工事

                s邸新築工事竣工
                平成29年12月













































                photo by 吉匠 -
                0

                  (k邸)土蔵保存修理

                  k邸 土蔵保存修理

                  この蔵は明治中期に竣工した蔵で、120年くらい経過している。この修理に先立ち現調した結果、外部目視では壁及び片引き蔵戸の痛みが顕著に現れていた。内部目視による現調で、柱の腐食が2本あり、1本は柱上部まで達していた。
                  実際曳家工法で揚屋をした結果、艮の柱が元より4尺程腐食していて、危険な状態であった。その他1本の柱が腐食していて計4本根継ぎを施した。















































































                  平成30年2月末までに屋根登り梁を懸ける予定でいる。
                  photo by 吉匠 -
                  0

                    福正禅寺改修工事落慶

                    福正禅寺本堂改修工事落慶



                    本堂と玄関













                    新たに生まれ変わった本堂と大唐破風の玄関

                    平成29年10月27日開山忌及び落慶式が執り行われました
                    photo by 吉匠 -
                    0

                      blog information

                      >> Latest Photos
                      >> Recent Comments
                      >> Mobile
                      qrcode
                      >> Links
                      << 2 / 31 >>
                      吉匠ブログバナー

                      リンク
                      株式会社吉匠建築工藝
                      日本伝統建築技術保存会
                      協同組合 東京の木で家を造る会
                      JIO日本住宅保証検査機構
                      ★amazon




















                      このページの先頭へ